【オメガ3脂肪酸で細胞を元気に♪♪ 〜油を変えるだけで身体は変わる〜】

私たちが生きていくために欠かせない栄養素の一つに『脂質』があります。

脂質は、「ダイエットの大敵」「太る」
というイメージが先立ってしまうかもしれませんが、油を変えれば様々な病気を改善に導くとても重要な栄養素でもあります。

そんな脂質ですが、私たちの身体の中での主な働きは、細胞膜やホルモンの構成成分、脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)の吸収を助けたり、体温の保持、内臓の保護をする役割があります。

食事から得た脂質がそのまま反映されるため、油の質は細胞の健康、つまり心と身体の健康に直結します。

中でも気をつけたい油は、マーガリンをはじめとする《高トランス脂肪酸食品》。

原材料に「ショートニング」「加工油脂」などと表記された食品も、トランス脂肪酸が含まれている可能性が高いです。

また、動物性の油脂である、牛脂、ラードなどに含まれる飽和脂肪酸も過剰に摂取すれば、
動脈硬化をはじめとする脳血管障害や心疾患などのリスクも高くなることが様々な研究でも示唆されています。

その他にも、ごま油や菜種油などに多いオメガ6(n-6系多価不飽和脂肪酸)は、
摂りすぎると炎症性や血栓性を高める原因とされ、癌や心臓病、アルツハイマー病などの原因となってしまうことも…。

そのため、私たちが普段から、
どのような油を取り入れるかというのは、
とても重要な選択でもあるのです。

中でも積極的に意識したい油が、
オメガ3(n-3系多価不飽和脂肪酸)です。

特に亜麻仁油には、
一般的な植物油に比べ、約6倍ものオメガ3が含まれています。
亜麻仁油は、癌をはじめ、糖尿病や心臓病などの改善報告もあり、脳・神経機能の発達と維持、網膜機能の維持、アレルギー・炎症の抑制などその他にも様々な健康効果が期待されています。

ただし、亜麻仁油は熱に弱いので加熱せず、
生の状態でとりましょう。
ドレッシングや和物などにかけて摂取がおすすめです。

また、選ぶポイントは、
無農薬、有機栽培の原料で、圧搾法や容器にもこだわったものが理想的です。
出来るだけ良質な亜麻仁油を選べるといいですね!

オメガ3は、亜麻仁油の他にも、
青魚、えごま油、くるみなどにも含まれていますので、普段の食事に積極的にとりいれてみてください!

ファスティング前の準備期や、回復食後半でもオメガ3脂肪酸を取り入れていきましょう♪

アバター

EFSC本部スタッフ

酵素ファスティングで負けないカラダとキレイをつくることを日々考えています。