【ファスティングの効果を高める ★《血行促進》の必要性★】

皆様こんにちは!
6月に入り、梅雨の時期に突入しましたね!
本格的な夏ももう間近です。

さて!
そんな暑い時期には、
冷たい飲み物や食べ物が欲しくなり、
身体を冷やすものが恋しくなると思います。

しかし暑いからと言って、冷房のかけすぎや、アイスクリームなどの冷たい食べ物や飲み物をとり過ぎてしまうと、体の内側から冷えてしまう原因にもなってしまいます。

身体が冷えると身体が固くなるのと同様に、血管も固くなり、流れが悪くなります。
血流が悪くなると、毛細血管まで血液が行き渡らなくなり、血管が収縮して、手足などのさらなる冷えに繋がってしまいます。

血液の流れは、心臓から出た血液に乗せて酸素と栄養を身体の隅々まで運び、戻ってくるときには不要な二酸化炭素や老廃物を回収する働きを担っています。
血行不良になると、体内に栄養が行き渡らなくなると同時に、不要な老廃物や疲労物質が体内に溜まりやすくなってしまい、身体がむくんだり、だるくなったりしてしまうのです。

他にも、血行不良になると、血液の流れは、心臓から出た血液に乗せて酸素と栄養を身体の隅々まで運び、戻ってくるときには不要な二酸化炭素や老廃物を回収する働きを担っています。血行不良になると、体内に栄養が行き渡らなくなると同時に、不要な老廃物や疲労物質が体内に溜まりやすくなってしまい、身体がむくんだり、だるくなったりしてしまうのです。

他にも、血行不良になると、冷え性や肌荒れ、便秘・下痢など胃腸の不調、生理痛、自律神経の乱れなどが起こりやすくなるので要注意です。や肌荒れ、便秘・下痢など胃腸の不調、生理痛、自律神経の乱れなどが起こりやすくなる可能性がありますので、
涼しい場所では温かい飲み物で水分補給するなど、冷たい物のとり過ぎには注意することが大切です。

 また、トマトやキュウリ、なすなどの夏野菜は、カリウムと水分を豊富に含み利尿作用に優れているため、尿と一緒に体の余分な熱を逃し体温を下げてくれます。夏バテ防止には打ってつけですが、知らず知らずのうちに体を冷やすことにもつながるため、食べ過ぎに気をつけ、スープにして食べるなど調理法も工夫しましょう。
 さらに、しょうがや唐辛子など体を温める野菜もあるため上手に取り入れましょう!

定期的なファスティングは、
内臓を休める事に繋がり、腎臓や肝臓など、体内の様々な器官の働きを活性化させる働きがあり、血液浄化にも有効です。

是非これからの暑い時期を、旬の食材たちで乗り切り、身体の芯から冷えを予防していきましょう★

アバター

EFSC本部スタッフ

酵素ファスティングで負けないカラダとキレイをつくることを日々考えています。