【断食前のウォーミングアップに!身体が喜ぶ穀菜食のススメ⭐︎】

皆さんは食事を摂る際、どのような食材を意識して食卓に並べているでしょうか。

健康で全身の細胞が喜ぶ食事をとるために、
『何を選ぶか』はとても重要ですよね!

健康&美容をつくるため、
そして断食を行う前のウォーミングアップとしても理想的な食材たちを今回ご紹介していきたいと思います。

まず、ベースとなるのは

『穀菜食』

穀菜食とは、穀物や野菜など植物性食品を中心とした食事の事を指します。

主食は玄米とお味噌汁が理想的♪

なぜなら、玄米には食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富で身体の調子を整えるのに最適な食材だからです♪
(※ただし胃腸が弱い方や小さいお子様、高齢者さんは対象外)

また、お味噌汁には、野菜、きのこ類、海藻類なども活用し具沢山にして飲むとGOOD♪

味噌は、しっかり発酵させた天然醸造のものを選べると尚良いです!
何で作られているか、必ず原材料を確認するようにしましょう。
冷え性改善や体内のデトックスに効果的ですよ♪

メニューでは、玄米や味噌汁をベースに豆類、野菜、きのこ類、果物、海藻類、芋類、種実類を普段の食事に取り入れれば、穀菜食を実践できます。

また、是非、食材を選ぶ際の参考に覚えておいてもらいたいポイントを以下まとめてみました。

①精製や加工の度合いが低い食べ物を選ぶ
→玄米や豆類、野菜、種実類、果物など、できるだけそのまま丸ごと頂く(農薬に配慮された食材選びが必須)

②高MAC(食物繊維とレジスタントスターチの総称)が豊富な食材を選ぶ(全粒穀物、リンゴ、玉ねぎ、キノコなど)
→腸内フローラを健全に保つのに有効

③油(脂肪酸)の摂り方に注意しよう
→高オメガ3、低オメガ6、低飽和脂肪酸、トランス脂肪酸ゼロを心がけよう。
全身の細胞や脳の形成、血液の質など深く関与しています。

④動物性タンパク質を減らし、植物性タンパク質を増やす
→牛肉や豚肉、鶏肉、牛乳や乳製品、卵など控え、豆類や種実類、麻の実(ヘンプシード)など、積極的に取り入れよう。

⑤できる限りオーガニックの食材を選ぼう
→農薬や化学肥料に配慮されたものや、遺伝子組み換え技術なども用いられていない、できるだけ自然な方法で栽培された農作物を選ぼう♪
農家さんとの繋がりをもてると、より安心感を得られるはず⭐︎

⑥発酵食品やローフードなどを活用しよう
→様々な種類の生野菜を使ったサラダや、大根おろしや長芋、葱や生姜などの薬味、旬の果物、そして糠漬や納豆、キムチなどの植物性発酵食品を積極的に取り入れよう♪
腸内環境を調えるだけでなく、消化に有効な酵素を取り入れることができます。

以上6つのポイントを是非意識して食材を選んでみてくださいね⭐︎

断食の効果をより高めるためには日々の食事が大切♪
ぜひ、断食前のウォーミングアップ&毎日の食事に活用してみてはいかがでしょうか♪

アバター

EFSC本部スタッフ

酵素ファスティングで負けないカラダとキレイをつくることを日々考えています。