【16時間以上のファスティングでオートファジーを活性化させよう!!】

さて、皆様は『オートファジー』という言葉をご存知でしょうか。

今回はこのオートファジーについて、そのメカニズムや最近の研究で新たに分ってきた新事実について書いていきたいと思います。

そもそも『オートファジー』とは、細胞内で古くなったり壊れてしまった悪玉タンパク質をエネルギー源として処理し、新しいタンパク質をつくり出すメカニズムのこと。

これは最後に食事をした12時間後からオートファジーの仕組みが動き始め、
16〜18時間が経過すると確実に作用する事がわかっています。

体内の細胞が蘇ることで、『免疫』『血管』『自律神経』などに良い効果をもたらしてくれるという。

また、最近の研究では空腹時に運動や筋トレを取り入れることで,動かした局所のオートファジーがより活性化する事が分かってきました。

そしてまた、心筋細胞(心臓の細胞)が刷新され、心機能が改善されたという論文も報告されています。

では、そんな魅力溢れるオートファジーですが、
私たちは、1日の中でどのように空腹時間を作って行けばいいのでしょうか。

取り入れやすいオススメの方法は、
『夕食』を抜くこと。

夕食を抜くと、空腹時間を比較的長く作ることができ(約18時間)オートファジーの効果をより受けることができます。
そして活動する日中に食事を我慢する必要がなく続けやすいというメリットがあるからです。

一方朝食を抜いた場合は、空腹の時間は短くなるため(約16時間)夕食時と比べるとオートファジーの効果は少なめ。

夜の食事は消化にエネルギーをつかい、身体に負担がかかるため結果的に睡眠の質にも悪影響を及ぼす可能性も示唆されています。

ご自身のライフスタイルや体調に合わせながら無理なく『夕食抜き』を実践してみて下さい。
もちろん3日間ファスティングはなおオススメ。

きっと空腹の時間を作り体内のオートファジーを活性化させることで、健康だけでなく内側からの美しさにも繋がっていくでしょう。

ファスティング×運動と合わせながら是非チャレンジされてみてはいかがでしょうか。

アバター

EFSC本部スタッフ

酵素ファスティングで負けないカラダとキレイをつくることを日々考えています。