インフルエンザに負けない秘訣

皆さまこんばんは☆
EFSC本部スタッフです(^^)

本日のコラムは

【インフルエンザに負けない秘訣】です。

 

皆さまは、今までインフルエンザに罹られたことはありますでしょうか。
そしてその怖さはご存知でしょうか。

インフルエンザとは、「インフルエンザウイルス」を病原体とする急性の呼吸器感染症で、毎年世界中で流行がみられる感染症の一つです。
インフルエンザウイルスにはA型やB型、A型の中にもソ連型や香港型などのタイプがあり、毎年流行するタイプが異なります。

インフルエンザは、急に38~40度の高熱が出るのが特徴で、お年寄りでは肺炎などを引き起こすことも多く、症状が重くなると死にいたることもあります。
主な感染経路は咳、くしゃみ、会話等から発生する飛沫による感染(飛沫感染)であり、
他に飛沫の付着物に触れた手指を介した接触感染もあります。
感染後、発熱、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛・関節痛などが出現し、鼻水・咳などの呼吸器症状がこれに続きますが、いわゆる「通常感冒」と比べて全身症状が強いことが特徴です。

 

通常は1週間前後の経過で軽快すると言われますが、怖いインフルエンザの合併症もあります。

それは、、
痙攣や意識障害、異常行動が起こる「インフルエンザ脳症」です。
発症するのは主に子供や赤ちゃんです。
2016年3月6日までに発症したインフルエンザ脳症の患者数は161人で、2015年の101人を大きく上回り、過去5年間で最悪のペースを記録しました。
インフルエンザ脳症は、急激に発症するのが特徴で、発熱後数時間から1日以内で全身がガタガタ震え始め、重篤になると後遺症が残ったり、最悪命にかかわるとても怖い感染症です。
インフルエンザは風邪と症状が似ていて判断が難しいため、まずは詳しく症状を観察することが大切。

体温、咳、子供の機嫌、嘔吐など全身の状態をよく見ていきましょう。
また、38度以上の熱があり、筋肉痛や関節痛、頭痛、くしゃみを伴わない咳といった症状があれば、発熱から6〜12時間を目安に診療機関を受診しましょう。

 

そんなこれからの流行が大きく懸念される「インフルエンザ」ですが、
予防するために何が必要だと思いますか?

 

もちろん、ウイルスを体内に入れない工夫(うがいや手洗い、マスクにより外からの病原体ウイルスの侵入を防ぐこと)もとても大切です。
また予防のために毎年ワクチンを接種する方もいるかもしれません。

そんなワクチンも今年は、供給予定量は4%減ると厚生労働省より発表がありました。

https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/asahi/nation/ASKB577CZKB5ULBJ00N

 

 

さて、そんな中、私たち自身のカラダを守るために何ができるのでしょうか。。

 

大きなキーワードは…
「免疫力」にあります!

 

冬の風邪やインフルエンザの対策には、たとえ病原体に接触しても感染させない!
感染しても病状を悪化させない!

 

普段から「免疫力を高めておくこと」がとても重要です!

私たちのカラダには「自然免疫」と「獲得免疫」の2つの免疫力があります。

 

「自然免疫」は、体内に入ってきた病原菌やウイルスに対して、まず戦う常設の「前線部隊」です。

カラダのなかに病原体が入り込んでこないか24時間休むことなくパトロールし、病原体(敵)を見つけたら直ちに攻撃を仕掛けます。
また、体内に病原体ウイルスが入ったことを、警報を鳴らして「獲得免疫」に知らせます。
もう一つの免疫力「獲得免疫」では、数々の病原体(敵)との戦いを積み重ね、経験値を高めていくタイプの免疫力です。

「獲得免疫」の防御力は強力ですが、病原体に対して迎撃態勢を整えるまでに少し時間がかかります。そのため、間に合わず発症してしまい、治るまでに時間がかかることもあります。
そのため、冬に猛威を奮うインフルエンザや風邪の対策には、普段から「自然免疫」を高めておくことが重要なカギ!といえます。

そして「自然免疫」を最大限に高めて上げるために「ファスティング」が重要なキーワードなのです!

 

なぜなら、体を守る免疫細胞の70%が腸に集中しているからです。
これは、外から入ってくる有害物質や細菌・病原菌が体の中に侵入しないように、体内への入り口である腸内で体に有害になる悪い奴とは戦って体内に入らないように働いているからです。

しかし、その腸内が悪玉菌が多く腐敗物が溜まった悪い腸内環境だと免疫細胞の働きが悪くなってしまい、有害物質や細菌が体内に進入しやすくなってしまいます。

免疫細胞の働きを活性化させるには、善玉菌を増やさすことがポイント!
酵素ファスティングを行うことで、
腸内環境をキレイにすることができ、免疫細胞の働きを活性化させることができるのです。

そして固形物を摂らないことで、内臓が休まると、免疫細胞の白血球が活性化し、ウイルスやがん細胞の増殖を抑える働きをしてくれます。

免疫力や自然治癒力が高まれば、病気に強く回復力の高い健康な体質へと強化することができるのです。

 

皆さまも風邪、インフルエンザに負けない為に、3日間の酵素ファスティングを取り入れてみてはいかがでしょうか。