【日本人の健康問題と酵素ファスティングの重要性】

 

さまこんにちは♪

EFSC本部スタッフより、本日から、酵素ファスティングに関する情報を皆さまへお届けさせていただきます

皆さまの今後の健康作りやカラダの中からの美しさに、少しでもお役にたてます事を心より願っております。

さて♪早速第一回目のコラム記事は、
【日本人の健康問題と酵素ファスティングの重要性】です!

現代の日本の『健康被害』は、皆さまご存知でしょうか。
日本人の食生活は戦後、肉中心の欧米食やインスタント食品、レトルト食品などの加工食品に徐々にシフトしていき、便利さや手軽さを求める食事に変わってきました。

 

女性の社会進出に伴い、男女共働きが増え、毎日の食事が二の次になり、、こうした「便利」「安さ」を求める方々が増加し、生活習慣病に悩まされる方々も多くいらっしゃるのが現状です。

 

厚生労働省は人口動態統計の中で、平成27年の死亡数の死因順位と年次推移を公表していますが、(2017年4月時点で、平成27年版が最新の公表)
平成27年の死因別死亡数(男女合計)の割合は例年と変わらず、1位悪性新生物、2位心疾患、3位肺炎、4位脳血管疾が上位に並んでいます。
そんな日本人の死因NO1である「悪性新生物」いわゆる「がん」は、男女別でみると、
男性1位は「肺ガン」/2位「胃ガン」/3位「大腸がん」であり、一方女性は、1位「大腸がん」/2位「肺ガン」/3位「胃ガン」を占めています。

 

男性の肺がんの原因は様々ありますが、一つの原因に『大気汚染の影響』が深く関係しています。

 

世界保健機関(WHO)が発表したデータによると、2012年に世界全体で新たに肺がんと診断された人は約180万人。このうち、実に65万人を中国人が占めているといいます。また、11年のある調査では、過去30年の間に中国の肺がん死亡率は465%も増加していることがわかり、25年までに中国の肺がん患者は100万人に達するとする試算もあると報告されています。

 

原因として上げられているのは、PM2.5などによる「大気汚染」。
日本にも大気汚染が大いに関係し、「肺」に大きなダメージを与えているという事は、受け入れがたい事実です。
また、女性に多い「大腸がん」。こちらも様々な原因がありますが、一つの原因に「食の欧米化」が挙げられます。
近年の食生活は肉や揚げ物などが多く、たんぱく質や脂肪分を過剰に摂取している傾向にあります。
脂肪分やカロリーの高い食事を続けると胃腸で消化されにくくなってしまい、大腸に便が長時間溜まってしまいます。便には発がん性物質が含まれているので大腸がんが発生しやすくなってしまうのです。

 

こうした日本人の食の現状や病気をもたらす環境問題を見つめてみると、健康に気をつけていたとしても日々病気のリスクは避けられません。
そんな中、健康やカラダの本当の美しさをつくる最大のポイントは、『デトックス』を上手に日常に取り入れられるかどうかです。

 

そのために酵素ファスティングを通して、私たちのカラダに本来備わる不要物を排出するシステムを向上させ、体内を汚染している様々な毒素を取り除く事が重要なのです。

 

酵素ファスティングは、私たちのカラダに計り知れない効果を出してくれる、現代を生きる私たちにとって必要不可欠な方法なのです。