世界におけるファスティングの歴史

ファスティングの歴史は古く、原始時代からすでに行われていました。世界のあらゆる地域の宗教家や教育者、哲学者らが、修行や儀式、健康法の一環、そして、病気の治療としてファスティング(断食)を行っています。

断食を治療法として初めて行ったのは、哲学者のアスクリパイヤデス。また、帝政ローマ時代の著作家プルタルコスは薬の代わりに断食での治療を推奨、フランス皇帝のナポレオンがエジプトに遠征した際には、現地の病院で断食療法を取り入れていたほか、インドでも断食療法がおこなわれていました。

ロシアの微生物学者メチニコフは「老廃物の停滞が老化や病気の原因となる」と提唱し、体内の老廃物を一掃し、若返りや病気の治癒を実現するのにファスティングは有効であると証明したのです。

1860年代に病院で勤務をしていたアメリカの医師デューイは治療の中で「薬物で病気は救われない、治療の秘訣はもっと深いところにある」と確信。日本においては1880年代以降、明治時代に入ってからで、東京帝国医科大学の研究者らが、断食中の患者の治癒プロセスを観察しながら、その作用機序の解明に取り組んだことが最初とされています。

ファスティングの歴史