ご挨拶

飽食の時代を生きる私たちは、口に入れるものと同じくらい、「出すこと」への意識を高めていく必要があります。

このたび発足した「一般社団法人 酵素ファスティング研究委員会」は、酵素ファスティングに関する知識を深め、習慣化し、身近な存在にするための活動を行うことを主目的としています。

その中の一つが、ファスティングの正しい知識を伝えることができる人材の育成です。酵素ファスティングの指導ができる認定資格(ディプロマ)を設け、気軽にファスティング相談や健康相談ができる環境を創出していきます。

酵素ファスティングの実践によって身体に起こることのすべては、私たち自身が本来持っていたものを取り戻した結果に他なりません。

本来の自分を取り戻し、健康で美しく生きていくため、体の声に常に耳を傾けることができるようになる。“食べないこと”で得られるものの大きさはまだまだ計り知れないのです。

だからこそ、酵素ファスティングを通じて様々な効果を実感し、一人でも多くの方にその仕組みを伝えていただくために、「酵素ファスティング・アドバイザー」講座を実施しています。

本講座は、酵素ファスティングの基本や仕組みだけでなく、酵素や体の仕組みや栄養学についても網羅され、「毒を出すことで、あなたはあなた自身を取り戻す」ことが実感できる酵素ファスティングの本質を理解できるようになっています。

定期的なデトックスを実践しているかどうかが、健康のためのバロメーターとなる時代がやってくると私たちは考え、その実現に向けて活動を続けていきます。

2015年4月1日

一般社団法人 酵素ファスティング研究委員会

事務局長 大崎 暢平